就業規則作成支援

会社を守る就業規則を作りたい…
従業員が安心して仕事ができる就業規則を作成したい…

理由その2 業績アップ − 就業規則で業績改善 −

法を遵守するだけの就業規則であれば、多くの時間、労力そして多額の費用を費やす必要はありません。それ以外に就業規則を活用する方法とは…

  • 従業員の労働時間・休日・給与・辞め方などのルールが明確になっている
  • 社長や管理職が会社のルールを従業員にきちんと説明ができる
  • トラブルを起こす従業員に対しての対処法がある
  • 会社の経営理念や経営方針をもとに、従業員に求める行動・してはいけない行動を示している
  • 従業員がどのように働けば、どのようにキャリアアップできるのかを見せることができる

このようなポイントを就業規則に落とし込むことによって、業績アップに貢献することができます。業績がアップするには、従業員の「やる気」が必要です。従業員が「やる気」になる会社とはどんな会社でしょうか?それは、「従業員が安心して、楽しく働ける環境」をもった会社です。

就業規則を作成する際には
  • 自社ルールを就業規則に落とし込んでいきましょう。その際に、そのルールでいいのかどうか再点検しましょう
  • 過去の慣習、できもしない約束を見直していきましょう。「今」と「これから」を考えて作りましょう
  • 「誰も知らない」では意味がありません。従業員へ周知を徹底しましょう
  • 就業規則は、運用してこそ意味があります。問題解決は、就業規則に則して対応しましょう
  • 一度作った就業規則は、常にメンテナンスを忘れないことが大切です